このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車保険の基本的なこと

民間保険であれば、加入するか否かは、基本的に自由となります。
すべて任意であり、それが社会保険とは異なっています。
しかし、自動車保険に限っては、運営元が民間であっても、加入しなければいけない保険があります。
それが、強制保険となっています。
自賠責保険と言われるもので、加入していなければ、道路を走行できません。
また、保障期間が切れていたり、あるいは、保険証を提示できない場合などは、罰則される場合があります。
それだけ、厳しいものとなっています。
しかし、自賠責保険は、対人賠償のみであり、人を傷つけたりした場合のみ、保険金が下りるようになっています。
しかも、保険金にも限度があり、目的としては、被害者への最低保障ともみなすことができるようです。
そこで、任意保険への加入が大事になります。
字義通り、自由意思によって加入の有無を決められますが、自賠責保険に限度があるため、対人賠償については、無制限の物に加入しておくことが賢明なようです。
あるいは、対人賠償のみでは、相手の車を傷つけた場合、保険金が下りないので、対物賠償にも加入しておくことが、推奨されています。
また、任意保険には、種々のものがあり、車両保険は、自分の車への保障です。
さらには、搭乗者傷害保険というものがあり、これは運転手も含めた同乗者全員への保障となっています。
あるいは、完全保障の名で呼ばれている人身傷害保険というものがあり、これは、過失の有無に関係なく、加入できる保険となっています。
ちなみに、過失とは、注意すれば避けられたであろうという意味を持った法律用語です。
自動車事故の場合、加害者と被害者が、過失を分け合うようになり、自動車保険では、過失割合と言われています。