このエントリーをはてなブックマークに追加

これからの自動車保険

日本の自動車市場は、世界で三本の指に入るようです。
欧米に次ぎ規模であり、生産ばかりでなく、利用の面から言っても、世界有数のようです。
それだけ、ドライバーが多いという見方もあるのでしょう。
けれども、そうであるからこそ、自動車保険が大事であるとも言えます。
しかも、今では簡単に海外の高級自動車を購入でき、もしもの際には、そういう車の修繕費をも支払うようになるようです。
任意の自動車保険には、対物賠償がありますが、無制限のものに加入しておくことが、得策のようです。
これは、海外高級車であれば、修繕費が高騰になる傾向にあり、現に億単位の支払いが命じられた判決が出ているようです。
決して特殊な例でなく、海外のものが安易に帰る時代であるからこそ、大事な自動車保険であるのかもしれません。
また、自動車ばかりでなく、当然人との事故も想定しなくてはいけないでしょう。
日本の道路事情は、改善されているとはいえ、やはり、有効利用できる土地が少なく、人と車がすれ違うことで、それだけ事故が起きる可能性もあります。
人を怪我させてしまえば、お金のみでは、責任を果たしたことにはならないでしょうが、それでも、お金だけでも、補償をすることで、最低限の責任は果たせるでしょう。
こういうことから、先でお話した対物賠償と対人賠償の無制限のものと強制保険をセットで加入することが、ドライバーとしては、重要であるとのことです。
とにかく、車社会の日本では、自動車保険への加入が必要と言えます。
もちろん、強制保険以外の話になりますが、これは今でもこれからでも、変わりのないことでしょう。